new day.. will be soon....
by katie_ash
カテゴリ:be green( 14 )
New Year New Moon and New SNS!!!

明けましておめでとうございます。

なんだか昨日今日とすっきりとした感じでございますね。
旧暦の新年、そして新月、新しい年の幕開けです。

そんな今日
こつこつと作り続けているBE GREEN SNSを
ご紹介させていただいていま〜す。

Be Green SNS

お気軽に参加してくださいね。
日本、そして世界に広がる同じ想いを持った人たちと
繋がってください。



最近、新しい出会いが多い中
うわーっと思うことがある。

この世界にはいつも未来を見ながら
いまを生きている人たちがたくさんいるねー
”でも現実の生活が”とか”実際はこの社会に生きているから”とか
”わたしはわたしは…”
そういうところを抜けちゃった人は
まっすぐで、行動力があって、ぐるんぐるんとエネルギーを動かしてくれます。

わたしは未来を変えようと生きている人たちは女の人が多いと感じていました。
でも、同じ想いで生きている男の人のエネルギーはすごいなぁと最近特に感じます。
ふたつの性があるのだから、ちゃんとそれぞれが担う役割があって
そのどちらもとてもとても大切なのでしょう。

”迷いなく実行”する姿を見ているだけで気持ちがいい♪

自我、嘘、姑息さの世界は遠のいていきますね。
この世界が変化しているように、力強く行動するエネルギーが
次の世界を作るに違いないとすごく思う。

このSNSにも行動するチカラが溢れています。
一緒に創っていきましょうね、楽しい明日。

ありがとう♪


さて、taxの準備でもし始めましょうか…
時が経つのはほんとに早い!










ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2009-01-27 06:19 | be green
お買い物をするとき

先日のポールの講演会では
中国のいまの姿をダイレクトに見て
みなさんから
「聞いてはいたけれどこんなにすごいなんて…」
という声が聞かれました。


それはやはり産業廃棄物をそのまま放置、垂れ流しにしている
現状に対して、システム作りが追いついていないんじゃないか…という
疑問に繋がります。

システムが追いつかないほどたくさんのものが
きっと中国で作られている。
そして見渡せば、made in chinaのタグは生活の
ありとあらゆるものについているよね。


ローカルで作られる良心的で安全な商品を
とフォーカスしながらお買い物をしてみると
それが案外に難しいこともわかってきます。

みなさんの街では地産のものをたくさん買うことができますか?

オレゴンはわりと地域を大切にしている土地で
スーパーではよくローカルセクションやローカルマークが
ついています。

生活のすべてをローカルに切り替えていくのは
このグローバライゼーションの世界では
なかなか難しいけれど、今日からなにかひとつを地元のものにしていくことは
できない事ではないかも…ね♪



わたしが気になるもの
納得のいくもの、好きなものをと思う時
そのアイディアにしろ、ビジネスのコンセプトにしろ
そしてデザインからロゴのひとつまで、
この世界を想う気持ちとうつくしさを前提に
物作りをしている人たちがいます。


まずはコンセプトをしっかり持った商品を探してみたい。
そういったものを
見つけて使ってみる。
その良さをしっかりわかり
今度はローカルで探してみる。


わたしたちBE GREENで始めていることのひとつです。


BE GREENのヴィジョンの中にある言葉。

「be greenでは、shopにていくつかの商品を紹介しておりますが、私たちは何かを売るということにあまり熱意を持っていませんので、あくまでも「いち消費者」としての視点でつねにそこに携わっています.これは消費者がどのような意識で商品を購入していくかという実験でもあります.
 これからの消費者の在り方の実践として、それらの生産者の在り方がとてもすばらしいと感じたものにのみ力を与え、積極的にサポートしたいと思っています.」


消費するということは
それが少しの金額でも生産者にパワーを与える事になります。
現に100円で買ったmade in chinaのものが、大量に生産されるとき
中国では産業廃棄物が街中を汚染するということになる。


わたしたちはこの星のことを想いながら
ものを作っている人たちとコミュニケートし、インタビューをして
そのコンセプトが広がっていくことを夢見ています。

たとえば、わたしたちの仲間、juniper ridgeのインタビューや商品を通して
間伐材を利用しながら梱包に至るまで徹底したオーガニック、リサイクル素材の使用、尚かつ収益の10%を森林保護に使うという在り方を知ります。
デザインもパッケージもカッコいいのもすてき♪

d0143046_7585413.jpg


いまはこの商品を日本へ送り、みなさんに実際にどういうものか使って確かめてもらっています。
そして近い将来、日本で同じようなコンセプトを持ってものを作っている人たちと繋がり、juniper ridgeとこういった人たちも繋がって、グローバルな視点をもちながら
ローカルに活動していく…というような広がりをビジュアライズしているのです。

いま日本では4つの場所で、BE GREENの商品を購入することができ、また
インタビューその他はウエブサイトでチェックできます。



BE GREENと販売しているみなさんとは、フェアトレードな関係で繋がっています。
商品の仕入れ価格等、すべてガラス張りの状態でみんなの理解の元に成り立っているファミリー♪
だから一番難しいやり取りが、とってもスムーズに運んでいてうれしい。
未来はこうあって欲しいものね。


商品に興味のある方はBE GREENの各取り扱いショップへどうぞ。
商品の取り扱いに興味のある方は日本での窓口BE GREEN関西 info@begreenheart.comまでどうぞ。

知り、体験し、そしてそれぞれの住む場所で活動していくこと。

think globally act locally

新しいアメリカにも そして世界にも
必要な生き方のような気がしますね♪

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2009-01-22 07:58 | be green
アースウォーカー&仲間たちと過ごした週末

木を植える男 ポール・コールマン 4万1000キロ徒歩の旅

菊池 木乃実 / 角川書店




木の実ちゃんのご本「木を植える男 ポールコールマン」の冒頭にある言葉を
紹介させてください。(ぜひぜひこの本を読んでみて♪ )

”木を植える男ポールコールマン。 彼の人生は私にとっては奇跡だ。 もう15年も地球を歩いて木を植えている。 人々は彼を「アースウォーカー」と呼ぶ。 地球を歩く人。 それが彼の職業である。
彼の雇い主は、地球だ。 だからポールにはお金もないし、家もない。 その日の夜になるまで、どこで寝るのかもわからない。 ポールが持っているのは、信念と夢と笑顔と温かさ。 そして道ゆく人々とのふれあいと、地球という大きな家だけである。”


わたしが会ったアースウォーカー、ポールはニコニコとちょっと恥ずかしそうに笑って、とても静かで、ゆっくりとした温かな気配をいつも漂わせている、そう、まるで
静かにそこに立ってる木のような、そんな人でした。

地球一周分を歩いてきた人ということを、何となく忘れてしまうくらいに自然に溶け込むようなたたずまいで微笑んでいた。

その彼が2日間、去年歩いた中国のこと、彼の人生、それから世界中で木を植えること、たくさんのお話をバークレーとサンフランシスコでしてくれました。



バークレーではエコロジーセンターという、バークレー循環社会の要の場所で講演会をひらきました。
40人以上の人が来てくれて、そのうちの約半数はアメリカ人でした。
土地柄、ヒッピーな人たちとか、通りがかりらしいおばさまとか、ほんとうにさまざまで、お話が始まってからも出入りが絶えません。

「お金が全然ないんだけど、入れてくれないか?」
「二人で$11しかないんだけど、入れてください。」

なんてのもなんだかバークレーっぽい。 笑

「あなたが今日のお話から、ナニカをつかみ取って帰ってくれることを願うわ。」
「Oh I'm sure, thank you!」
ポールのお話は、お金はないけどピュアな目をしたこんな若者たちにも聞いてほしいものね。

講演が終わっても、質問は後を絶たず…
「みなさま そろそろ…」
となるまで話し続けるのもバークレースタイルかしら 笑


d0143046_5101882.jpg


*木の実ちゃんと一緒に♪


次の日のサンフランシスコは日本町にある桑港寺で行なわれました。
サンフランシスコは日本人のみなさまにたくさん来ていただいて
遠くはLAやサンノゼからもお越しいただきました。


地球を家とするポールと木の実ちゃん達が見てきた中国の現状は
たくさんの写真を見ながら聞くと、ほんとうに目を覆いたくなるような
ものでした。

黒くドロドロの川、放置される子豚の死骸がゴミと一緒にたくさん川のまわりに
転がっています。
でも、これもまたこの地球の一面です。

なぜこんなことが起こっているのか。
わたしたちとは無関係に起っているのか。

わたしたちが日頃無意識に買い求めているたくさんの品物は
どこで作られているのでしょう。
そのほとんどがいま、made in china と書かれていますよね。
わたしたちのライフスタイルは決してこの現実とは無関係ではないことに
改めて気づかされました。

お金というものもまたエネルギーですから、それが1円でも10円でも
お金を使うわたしたちひとりひとりにパワーがあるということになります。
どこにそのパワーを使うか、ということがとても大切なことだと思うのです。


中国は急速な近代化、産業化の波にシステムがまったく追いついていないと
ポールのお話を聞いているとよくわかります。
世界中からの製品の注文によって出る産業廃棄物は、そのまま川を真っ黒にして
街中をゴミの山にし、そして空気を汚染させます。

水も空気も誰のものでもなく、この地球のものですから
巡り巡ってわたしたちの元へとやってくるよね。

じゃあどうするか、

こういう酷い現実を知ったあとに、どう行動するかを
わたしたちはいま選択するときだなぁと感じました。


ポールと木の実ちゃんは秋にまたベイエリアへ戻ってきてくれるそうです。
今回バークレーでは小学校でお話会や柿の木を植えたりと、こどもたちもとっても喜んでくれました。
その先生達が次の時は是非高校でもと動いてくれているのにはびっくり!

秋の講演会は大きなものになりそうですね。


一生懸命オーガナイズしてくれたharu、ありがとう♪
ボランティアで関わってくれたおまり、あっこ、ゆきちゃん、えいこちゃん、きょんたま、momocaちゃん、有子さん、roger、やすえちゃん、みんなみんな ありがとう♪
いつも大きなサポートの風砂子さん、ありがとー。
時空を超えて準備してくれた秀さん そしてkeiko やったねーっ

ポールと木の実ちゃん、それからtree manのクリフ!! you are amazing!

楽しかったねーっ!!!



d0143046_5412551.jpg


*桑港寺の講演。 暗くてブレててごめんなさーい。



ポールコールマン オフィシャルHP
木の実ちゃんのmixi
celebration earth




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2009-01-16 05:55 | be green
reminder - evening w/ earth walker

いよいよ今週末になりました
ベイエリアでのイベントをもう一度お知らせさせてね。


なんだか懐かしい人やら わざわざLAから来てくださる方たちや
うれしいサプライズがいっぱいです。
2日間の講演会の他にも、バークレーの小学校やもしかしたら中学校でも
こどもたちと一緒に木を植えるイベントが出来そうでワクワク♪

ポールが見てきた世界のお話はおとなだけじゃなく
こどもたちにとっても 何か大切なものを残してくれるだろうとおもいます。


ベイエリアのみなさま
お会いするのを楽しみにしていまーす!

なお、収容人数に限りがありますので sign inをお願いします。


--------

日時/場所:1月9日(金曜日)7pm-9pm
Berkeley Ecology Center(http://www.ecologycenter.org/)
2530 San Pablo Avenue, Berkeley, CA. 94702
510-548-2220
1月10日(土曜日)2pm-4pm
桑港寺-SOTO ZEN INTERNATIONAL(http://soto-zen.net/wiki/wiki.cgi?page=%B7%AC%B9%C1%BB%FB)
1691 Laguna Street San Francisco, CA. 94115
415-346-7540
会費: $10 at the door
申込: begreenlove@mac.com
人数を明記して、上記のアドレスまでお申し込みください。

ポールコールマンさんについて:
環境活動家、国連ピースメッセンジャーイニシャティブ「カルチャーオブピース」大使。
1954年イギリス生まれ。 1988年にアイスランドで壮大なビジョンを見たことがきっかけで人生が一転。
地球のために人生を捧げることを決意する。 地球環境保護の重要性を人々に伝える為、1990年、カナダから、2年後に開催予定の第一回地球環境サミット会場、ブラジルのリオデジャネイロまで歩くことを決意。
途中、多くの支援を受け、人々と木を植えながら、1992年、サミット会場に到着し、UNEPよりアースウォーカー(地球を歩く人)と命名された。
以来、18年間で39カ国、47000キロを歩き、1150万本の木が植えられた。 
ウエブサイト:http://www.earthwalker.com/index_jp.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2009-01-07 07:04 | be green
Be Green Northwest


今日 新しいサイト「Be Green Northwest」&ミクシィコミュを立ち上げました〜〜♪

わたしの住むこのオレゴンの地を
今年はもう少し知りたい
日本と半々になりそうなこの一年ですが
ここに生活するときは
駆け回ってたくさんの人と出逢いお話を聞きたいとおもいます。


Northwestにご縁のあるみなさま
ミクシィをされる方はコミュの方へどうぞ♪

インタビューやインフォメーションは
サイトの方へどんどんとアップしていきたいと思いま〜す。



どうぞどうぞ
よろしくお願いいたします。





-website-

US
Be Green

JAPAN
Be Green Hokkaido
Be Green Sapporo
Be Green Kanto
Be Green Tokyo
Be Green Kansai



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2009-01-05 14:19 | be green
potluckなこころ


約一年前にやってきたこのMacBookについてきたOSのレパードを
今日初めていれてみた。

うわ〜〜〜うちゅーう!

このOSの説明を去年のMacワールドでスティーブジョブスが話しているのを聞いたから色んなことができるってのは知ってる。
ただどうやるのかが…わからない… (-_-;)


そうそう、ふと思い出した。

このコンピューターはわたしの元へやってきました。
ある日、天に向かって叫んだの。
「新しいコンピューターが必要で〜〜〜す!!!」ってね。

BE GREENを立ち上げて間もない頃だったと思う。

そうしたら元夫がある日、「コンピューターをもらったから」と言った。
それまでボランティア的に手伝っていたラボからお礼として買ってもらったと言う。
「あっ きた!!」
と思った。

結局 離婚する時にこれはわたしの持ち物になる。

このコンピューターにはiwebというウエブサイトを作るソフトが標準装備で入っていて、それも後で知りました。

BE GREENを立ち上げて、どうしてもウエブが必要で、でもどうやら自分しか作る人がいないのだ…とわかった時に、このiwebを使って作り始めたのです。

だからBE GREENのサイトは経験も知識もなにもないわたしの最初で(たぶん)最後のウエブサイトなのです。
このサイトに半年後、7000人を越える人が訪れてくれているのを見る時に、やはり必要なものを与えられたんだなぁと思います。


流れというものはほんとうにこうして突然やってくるね。

いま振り返るとそのすべてがこの今を生みだすために起っていたとしか考えられません。


でもね、ここまではなんとかできても、ここから先へ進むためにはどうしてもわたしたちだけでは無理でした。


いまBE GREENのサイトには日本語版、英語版、フランス語版があります。
最近、わたしたちのアメリカでの活動が動き出して、英語版の必要性をとっても感じていました。

仲間が少しずつ持ち寄って訳をしてくれていますが、いま強力な味方がtake overしてくれています。



ワシントンに住む秀さんは、大企業で大変なお仕事をされていて、尚かつご自宅で病気の奥様のcareもされています。
そんな多忙な状況の中から、来年動き出しそうな木内さんのご本の英語版の翻訳、BE GREENのサイトの翻訳、元グラフィックデザイナーの経験を生かしてフライヤーを創ってくれたりと、いつも大切なものを持ち寄ってくれるのです。

最初 遠慮がちな気持ちで秀さんに翻訳のお話をしたときに
秀さんはこう言いました。
「いつも毎日の忙しさの中で、僕はこの地球のために何が出来るのかと思っていたんだ。こうして声をかけてくれてありがとう。」
「こうしてBE GREENを通してやることが、この地球のためにやることに繋がると思っているんだよ。」


BE GREENの大切なコンセプトのひとつに、”一品持ち寄り”というものがあります。
自分の得意、自分が出来る事を持ち寄る事で大きな絵が完成していく…

そしてそれを持ち寄る時に、持ち寄れる歓びのようなものを感じてくれる人たちが
いまわたしたちと共にどんどんと増えていってくれています。

日本に広がるBE GREENでも同じ事で、いまはほんとにお願いする事が多いのですが、みんないまこれをする先に何が待っているか、わたしたちは何を創り上げていくのか、を見据えながら目の前にある事をぱぱぱーっとやってくれています。


自分の一品を持ち寄るという事は、大変な事もあります。
でも持ち寄ってくれる人の描く未来のヴィジョンがこれを可能にしてくれるのだなぁと
感じます。


BE GREENというコンセプトのもとで、たくさんの一品が持ち寄られたときに
それはとっても楽しいpotluck partyになるだろうなぁと ワクワクするのです♪


Be Green
d0143046_17222236.jpg


秀さんとサンタクルーズのミステリートリップの一枚。あはは
来年はBe Green NorthWestを立ち上げま〜す♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2008-12-30 17:28 | be green
vision to action
vision to action(BE GREENのページのタイトルでもあります。大切なたいせつなこと)


誰が決めた訳でもない
たくさんのお仕事が
不思議とね
「これはわたしがやるね」とか
「うん いいよ。 やっとくよ」
こんな感じでいま
流れているのです。

わたしの苦手がだれかの得意って
不思議でうれしくってこんな"win-win"ってないよねーっ


わたしたちは
いままでにないカタチで
新しいナニカを創っていく

そんなゲームが始まったところです。

”この星の未来”を想像しながら
進み方を瞬時に決めていくのが
どうもこのゲームの遊び方





my dear friends- BE GREEN北海道 がそのコンセプトを
ブログに載せてくれています。


北海道のうつくしく広大な大地と、突き抜けて開放的な人々がどう地方と都市を
循環させながら繋げていくのか、みんなが与え合い受け取り合う場をどう創っていくか
、わたしたちが描いているものが来年、動き出そうとしています。


思えば今年の夏

わたしはアイヌという先住民族の人々の世界へ初めて入り、世界の先住民族と出会い、アイヌの地二風谷で過ごした日々から 人もまた自然の一部であることを思い出しました。
そしてそのままニセコへと呼ばれ、羊蹄の麓で初めて出会う仲間とこれからファミリーになっていく予感を感じ、感じるままに2度3度と旅を繰り返しました。

夏から秋、たくさんの言葉が交わされ、出会いはまた出会いを生み
降ろされたプロジェクトは来年、そのカタチを現すという
壮大な実験が開始されます。



信じるチカラ
揺るぎなく信じるこころ

体験するための大切なツール


ひとりひとりがしたい事をしたいように
ねっ


ちゃんと信じていれば
信じるその中心にいつもブレなくいられれば
たいがいの事はどうでもいいって思う

憂いや不安や怒りや怖れに関わっている時間はない
愛し合う時間しか残っていない



札幌のカフェプロジェクト、大きな拠点として活躍しそうな気がします。
09’の旅のスタートは早まりそうな予感♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by katie_ash | 2008-12-24 11:45 | be green
Evening with an Earth Walker

わたしたちの大好きな仲間
アースウォーカーのポールと木の実さんがアメリカへやってきます。

BE GREENではこの機会にみんなと一緒に彼らのお話を聞こう!と
講演会を企画しました。

この企画に際しては、西海岸のたっっくさんの仲間が
持ち寄りで盛り上げてくれています。

それぞれのネットワーク、それぞれの出来る事を惜しみなく差し出してくれる
みんなのlove & hospitalityに感動〜♪
1月、みなさんにも再会できる事を楽しみにしていまーす。

以下講演会の詳細です。
ベイエリアにお住まいのみなさま、ぜひぜひお誘い合わせていらしてねー♪


***

「Evening with an Earthwalker」


世界中を歩いて木を植え続けているイギリス人、ポール・コー 
ルマンさんが奥様の菊池木乃実さんと一緒に、今年、中国を歩 
いてきました。

彼らが見て、体験した中国の現状をたくさんのスライドを交えて
話してくださいます。
またなぜポールが歩き始めたのか、メキシコで木を植えた時の奇跡など
楽しいお話もいっぱいです。

ぜひみなさまでお出かけください。

日時/場所:1月9日(金曜日)7pm-9pm
Berkeley Ecology Center
2530 San Pablo Avenue, Berkeley, CA. 94702
510-548-2220
1月10日(土曜日)2pm-4pm
桑港寺-SOTO ZEN INTERNATIONAL
1691 Laguna Street San Francisco, CA. 94115
415-346-7540
会費: $10 at the door
申込: begreenlove@mac.com
人数を明記して、上記のアドレスまでお申し込みください。

ポールコールマンさんについて:
環境活動家、国連ピースメッセンジャーイニシャティブ「カルチャーオブピース」大使。
1954年イギリス生まれ。 1988年にアイスランドで壮大なビジョンを見たことがきっかけで
人生が一転。
地球のために人生を捧げることを決意する。 地球環境保護の重要性を人々に伝える為、1990年、
カナダから、2年後に開催予定の第一回地球環境サミット会場、ブラジルのリオデジャネイロまで歩くことを決意。
途中、多くの支援を受け、人々と木を植えながら、1992年、サミット会場に到着し、UNEPよりアースウォーカー(地球を歩く人)と命名された。
以来、18年間で39カ国、47000キロを歩き、1150万本の木が植えられた。 
ウエブサイト: earth walker



BE GREENについて:
Be Green とは サスティナブルで循環する社会を目指す 人や グループ,アイデアを 繋いでゆく ネットワークです。 
それぞれの場所でそれぞれの暮らしを営むひとりひとりと一緒に、心地よく過ごせる社会、、身体、心、自然が調和したライフスタイルの創造を目指していきたいと思います。
ウエブサイト:BE GREEN

d0143046_724933.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
by katie_ash | 2008-12-23 07:11 | be green
bee wax candleのお話
ふと気がつけば


d0143046_1221534.jpg


こんな時期だったり



d0143046_1225771.jpg


これも今日から始まりまして…

holiday season真っ盛りなのですね。




今日はクリスマス前のお買い物客で賑わっているholiday marketへ
蜜蝋キャンドルをピックアップしに行きました。

先日見つけたこのお店。



d0143046_12172630.jpg


「casper candle」
手作りの蜜蝋キャンドルです。

このかわいいお店に近づいていくと、ふわっと蜜蝋が香ります。

スティーブは古い家を改造して一階をキャンドル工房に、二階を住居にして
9年も蜜蝋キャンドルを一筋に作り続けているアーティスト。
ふだんは地元のナチュラルグロッサリーに卸しているので、ほとんど工房に
籠りっきりの彼とガールフレンドは、年に一度ホリデーマーケットに出店して
直にお客様と触れ合うのが楽しみなのだそうです。

オレゴンにはbee keeper(養蜂業)が多いらしく、蜜蝋キャンドルやローカルの蜂蜜をあちらこちらで見ます。

「良い蜜蝋を探すために、僕らもけっこういろんなbee keeperに会いに行くんだよ。」
とスティーブが言っていました。

「このストライプのきれいな色はどうやって出しているの?」
「non toxicの色を使ってるんだ。自然の色素をずいぶん試したんだけど、waxと混じらなくてね。結局non toxicでいまは色を出しています。」
ストライプのvotive candleはとってもかわいいから、ここにも有害なものの入っていないのはうれしいね。


d0143046_12525532.jpg




それからスティーブはこんなお話をしてくれました。

「bee keeperの一番の仕事はね、花粉の交配なんだ。僕の知ってる業者は、カリフォルニアのヘーゼルナッツの時期になると、すべての蜂をカリフォルニアへ貸し出すんだよ。
蜂はすごく繊細で、ちょっとした農薬なんかに触れるとすぐ全滅してしまう。だから、蜂を放つ場所、時期、そういった知識に長けていないとすぐ蜂を殺してしまうことになる。
そして次にくるのが蜂蜜。 そうやって花粉の交配に働いた蜂から蜂蜜がとれ、そして最後に蜜蝋がとれる。 蜜蝋のとれる量はほんとうにわずかなんだよ。」


この地球にとって、蜂も大きな役割を担っているんだなぁってふと思いました。
お花が咲いたり、実がなったりってなんとなく自然のサイクルだからと深く考えなかったけど、蜂がいて、お花の間を行き来しなければ実もならない。

農薬の害についてもね、人間にとって…って考えがちだけれど、蜂さんにとっても
大きな被害を及ぼすことなんだね。

そう想ってみると、この世界とはなんて完璧に循環しているものでしょう。
そのどれが抜けても、自然の営みが崩れていくのですね。



冬は炎が美しい季節ですね。

蜜蝋キャンドルはやさしい香りと共に、その場のエネルギーを整える性質があるそうです。
長い夜を蜜蝋キャンドルの灯りを囲んで過ごすのもいいですよ♪



このcasper candleは
年が明けたらBE GREEN関西のショップ(ただいま準備中)と
藍い宇宙で取り扱い予定です。





d0143046_12534014.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 環境ブログへ
[PR]
by katie_ash | 2008-12-22 12:56 | be green
be green sapporo start!!

d0143046_1436369.gif






思えば去年の今日、12月12日にBE GREENがこの星に降り立ったのでした。

そして1年後の今日、BE GREEN札幌がスタートしました♪



先日のBE GREEN北海道tribal partyで
集まった札幌の仲間達が意気投合していま〜す。

さすが札幌、今週末からもう活動開始ですね 笑


札幌そして近郊にお住まいの方々、ぜひぜひにどうぞ♪

ひろ〜い北海道。
道南も道北も道東にも広がっていって欲しいな♪



雪も寒さももろともせずに、熱いよ〜札幌!!

ら〜〜ぶ053.gif
[PR]
by katie_ash | 2008-12-12 14:39 | be green


*info

カテゴリ
全体
Mind/Body/Spirit
Environment
political/social
Current Affairs
poem
sound/visual
japan trip
be green
books
berkeley
taste
オレゴン
詩…のようなもの
今 世界で
日々の想い
毎日
意訳ですが…*WINGS post
大切な繋がり
感覚の遊び
trip-旅
デトックス
未分類

フォロー中のブログ
いしころ ころころ いしこころ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧