new day.. will be soon....
by katie_ash
もう一人注目したい人ースコットマクレラン

6月20日Judiciary committeeでスコットマクレランの証言があります。
これはアメリカではテレビ放送されるらしいので注目ですね。

マクレランとはどういう人か…

デモクラシィジャパンより>


前ホワイトハウス報道官スコット・マクレラン ブッシュ政権のウソと米国を戦争に導いたメディア・スクラムを明かす

新著What Happened: Inside the Bush White House and Washington’s Culture of Deception.(『何が起きたか:ブッシュのホワイトハウスとワシントンの欺瞞の文化の内幕』)が大きな波紋を投じている中、著者である前ホワイトハウス報道官スコット・マクレランの登場です。マクレランは、CIA漏洩事件に関し、前大統領補佐官のカール・ローブとルイス・“スクーター”・リビーの2人は自らの果たした役割について彼に対してウソを教えたと言います。また、イラク侵攻への世論の支持を形成しようとブッシュ政権が行った故意の情報操作の中で、メディア企業はあえて政権との共犯者として振る舞ったと批判します。ハリケーン・カトリーナの際のホワイトハウスの対応に関しても、彼は「現実から目を背けていた」と批判します。さらに、ホワイトハウスがイラク市民の苦境に対してほとんど関心を示していない事実に関しても明かします。米軍侵攻によって生じたイラク市民の犠牲者数の膨大さが、ホワイトハウスで議論に上ることはほとんどなかったというのです。ブッシュ政権の代弁者として働いてきたマクレランが、なぜ今はその良心の批判者となっているか、自身の転身を個人としてどうとらえているのか、またいまなぜジャーナリストのI・F・ストーンのあの有名な言葉、若いジャーナリストたちへ向けての助言、すなわち「政府というのはウソをつくものだ」というフレーズに共感しているのかを語ってくれます。




さあ、マクレランの証言はクシニッジの今回のブッシュ弾劾決議案を後押しするような結果になるでしょうか?

そうなって欲しいね。

[PR]
by katie_ash | 2008-06-13 15:49 | political/social
<< 日本へ行く前のこの頃 Pre. Bush IMPEA... >>


*info

カテゴリ
全体
Mind/Body/Spirit
Environment
political/social
Current Affairs
poem
sound/visual
japan trip
be green
books
berkeley
taste
オレゴン
詩…のようなもの
今 世界で
日々の想い
毎日
意訳ですが…*WINGS post
大切な繋がり
感覚の遊び
trip-旅
デトックス
未分類

フォロー中のブログ
いしころ ころころ いしこころ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧