new day.. will be soon....
by katie_ash
海を愛するみなさまへ
d0143046_3473143.jpg



http://www.youtube.com/watch?v=Lt9hXuEfu7w&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=679892697&owner_id=984537「六ヶ所村問題」編 未来バンク事業組合理事長 田中 優 氏 から緊急提言!ダイジェスト版 (youtubeはリンクできないんですね?すみませんがコピペしてご覧下さい)



一番最初に六ヶ所村の名前を聞いたのはもう10年くらい前、バークレーで一緒に活動していた風砂子さんからだった。

風砂子さんとその仲間は1992年「プルトニウムフリーフューチャー」という反核の非営利団体を作りたくさんの活動をしてきました。
当時のわたしは”反核運動”というものになぜかクリックされず、自分的流れで反戦のほうへいきましたが、元を辿ればこの地球を痛めつける同じ”悪”だと思います。


「プルトニウムフリーフューチャーSafe Energy Handbook」


とにかくその時に鎌仲ひとみさんの「六ヶ所村ラプソディ」の本を借りて読み、そのあたりからこの問題がわたしの中で大きくなってきました。


「六ヶ所村ラプソディ」オフィシャルブログ
(予告編是非見てください。
何か感じたら是非あなたの街で上映してください。)


いまいよいよ再処理施設を作動させようとしています。
一端作動したらどういうことが起るのか
この田中優さんのお話を聞くとクリアですね。

海を愛する人々が一番最初に被害にあい
こんぶもわかめもおさかなも汚染されてしまう…


昔青森県大間町に友だちがいて遊びにいきました。
大間町にも原発が作られて間もない頃でした。

彼女のお家の仕事がお寿司屋さんで
だから街の人々の声を良く聞ける場所でもありました。

人々は原発を”電発”と説明されて、とてもクリーンなイメージを持っていました。
過疎化していた街に、人がやってきて活性化してきたと喜んでいました。
全然危険などないのだとみんな信じていました。

ちいさな町にとって、こうした大きな変化がくることは
真実に目を背けても歓迎したいことなんだと思う。
よくわからない未来のことよりも、いまの活性化は目に見えることだものね。
過疎化した町をターゲットにするということも、大手電力会社の計画の一部なのでしょうね。

六ヶ所村でも”人々の気持ち”が大きいのでしょう。

でも時間がありません。


わたしたちはやっぱり行動していきましょう。
確実に汚染されてしまう海のことを
もう知っているのだから。



ストップロッカショ.jp


サーファーの立場から海浜環境を提案し続けていきます。
surfrider foundation japan

[PR]
by katie_ash | 2008-01-10 03:49 | political/social
<< grass rootsで広がってく♪ カップ一杯のcoffee >>


*info

カテゴリ
全体
Mind/Body/Spirit
Environment
political/social
Current Affairs
poem
sound/visual
japan trip
be green
books
berkeley
taste
オレゴン
詩…のようなもの
今 世界で
日々の想い
毎日
意訳ですが…*WINGS post
大切な繋がり
感覚の遊び
trip-旅
デトックス
未分類

フォロー中のブログ
いしころ ころころ いしこころ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧